府中市中河原・分倍河原の内科・内視鏡 みね内科クリニック

診療内容

内視鏡検査

内視鏡検査とは

内視鏡検査では、胃がんの早期発見から、胃潰瘍、ピロリ菌感染、過敏性腸症候群、逆流性食道炎、機能性ディスペプシアなどの様々な病気を発見することができます。
※保険診療で、慢性胃炎・胃潰瘍などのピロリ菌治療を行う場合、胃内視鏡検査は必須となっております。

胃がんは、日本人が最も多くかかるがんです。
治癒率は格段に上がっており、早期発見・早期治療を行えばがんは治せる時代です。
治る状態で発見するためには、胃がん検診、内視鏡検査は欠かせない存在です!

経鼻内視鏡

内視鏡検査と聞くと、「オエッ」となったり、苦しい・痛いというイメージをもつ方もいらっしゃるでしょう。ところが、鼻から入れる経鼻内視鏡は、内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんどの場合、吐き気などをもよおすことなく検査を受けることができます。

その他、経鼻内視鏡のメリットとしては、検査中に会話をしながらできる点です。
気になることや不安なことは、その場で医師に確認できるので、安心して検査を受けられます。
鼻から入れる胃の内視鏡検査は「つらくない」と多くの方々から喜ばれており、経験された方のうち9割以上が「次回も鼻から」の検査を希望されています。

経鼻内視鏡検査のイメージ

当院の最新内視鏡

当院では、レーザー光を採用した最新の内視鏡を導入しています。
微かな異常もより見やすい内視鏡で、病気の早期発見に努めています。

詳しくはこちら(富士フィルムWEBサイト)>>

内視鏡検査の手順

  1. 検査の前夜の夕食は、夕方6時頃までにとって下さい。
    当日の朝は、何も食べないようにします。
  2. 病院では、胃をきれいにする薬を最初に飲みます。
  3. 内視鏡(スコープ)を飲みやすくするために、喉の奥を麻酔します。
    経鼻内視鏡では、鼻の麻酔になります。
  4. 鼻からゆっくり内視鏡を挿入し、胃の中を観察します。
    ※ほんの5〜15分程度で検査は終了です。
  5. 検査終了後、約30分〜60分で水も飲めますし食事もできます。

検査前の準備

・検査前日の食事
検査前日の21時以降は食事を避けて下さい。
お水は飲んで頂いた構いません。

・検査の開始前
検査は午前中に行います。朝は何も食べずに予約時間にご来院下さい。

内視鏡検査のご予約

当院の内視鏡検査は、予約制となります。
ご希望の方は事前のご予約をお願いいたします。

このページのTOPへ