府中市中河原・分倍河原の内科・内視鏡 みね内科クリニック

診療内容

風しん・先天性風しん症候群

風しん・先天性風しん症候群

妊婦が感染すると、赤ちゃんが「先天性風しん症候群」になる危険性があります。
妊娠した女性が風しんにかかると、耳がきこえにくくなる、心臓が奇形を生じる、目が見えにくくなる、精神や身体の発達に遅れが生じるなど、障がいを持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。
この病気を「風しん・先天性風しん症候群」と言い、妊娠初期ほどその確率が高くなります。

風しんは子どもの病気と思われがちですが、実は、子どもよりも大人の間で風しんの感染が広がっているため、近年では大人も注意が必要なのです。

風しん予防接種

風しん予防接種は、自分自身だけでなく、家族や一緒に働く方を風しんから守るためにも予防接種が大切です。

●妊娠前の女性の方
妊娠前に風しん予防接種をご検討ください。

●妊娠中の女性の方
ご家族の方に風しん予防接種を検討するようご相談ください。

●成人男性の方
風しんにかかったことのない方、風しんワクチンを受けていない方、どちらも不明な方は、風しん予防接種をご検討ください。

風しんの予防対策

●風しんってどんな病気?
・風しんウイルスが感染者の飛まつなどによって他の人にうつります。
・主な症状として発疹、発熱、リンパ節の腫れ(3つの主な症状)が認められます。
 3つの症状がそわない人も多く、感染しても症状がでない人は約15〜30%程度います。
・通常は自然に治りますが、まれに脳炎になったり、血小板という血液の成分が減少して
 皮膚に紫斑が現れる人もいます。関節が痛くなる人もいます。
 症状がでる前後の約1週間は、周りの人にうつす可能性があります。

●風しんを予防するには?
・風しんワクチンは1回の接種で95%、2回の接種で99%風しんを予防することができます。

風しん感染予防の詳しくはこちら(厚生労働省WEBページ)>>

●予防接種を受ける場合
・麻しん対策の観点も考慮して、麻しん風しん混合ワクチンを接種することを
 おすすめしています。
・抗体検査を受けずに予防接種をうけることもできます。
予防接種は2回受けても問題ありません。

家族や職場、友人に出産の可能性がある女性はいませんか? 一人ひとりが意識すれば守れる赤ちゃんかいます。 みんなで意識を高めて、1人でも多くの人に抗体検査やワクチン接種など、風しんの適切な予防対策をしましょう。

府中市の助成制度

府中市では、これから妊娠を希望または予定している19歳以上の女性を対象に、先天性風ふうしん症候群の発生を防止するため風ふうしんの抗体検査を実施しています。

検査を希望する場合は、事前に保健センター母子保健係に申請し、『風しん抗体検査受診券』を持参のうえ、市内協力医療機関で検査してください。
また、風しんの抗体検査の結果、抗体価が不十分な方には風しん予防接種費用の一部を助成しています。

●実施期間
平成29年4月1日〜30年3月31日

●費用
・抗体検査:無料
・予防接種:MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)5,000円、風しんワクチン3,000円

助成制度の詳しくはこちら(府中市WEBページ)>>

当院でも抗体検査、予防接種が可能です。
ご希望の方はお気軽にお電話ください。

このページのTOPへ